Associate Professor

清水一之/Shimizu Kazuyuki

●主要担当科目

比較経営論(西欧)

 

●プロフィール

1971年12月9日生まれ

 

●研究者へのあゆみ

明治大学 経営学部3年時にドイツに単身留学(約2年間)。ドイツ語,もちろんドイツの学友とのビール(試飲;)研究を通じてドイツ文化を体験する。一時期は,ドイツに骨を埋める覚悟になるが,経営学部卒業のために帰国。

 

帰国後,博士前期課程で恩師(ドイツ経営学の大家・本経営学部創始者 佐々木吉郎先生の愛弟子)高橋俊夫生のご指導を受け,そのご指導を実践するために,前期課程修了後にイギリスの銀行,ドイツの金融機関に勤務。

 

その後,研究の重要性を認識し,再度博士後期課程の道に。明治大学 商学部恩師風間信隆先生(ドイツの自動車産業に関する著名な研究者)との出会い。2007年に博士(商学)を取得。


●学会ではこんなことをしています

学会活動では日本経営学会の理事長に恩師高橋俊夫先生が就任し,学会の理事長補佐としての幹事を中心に活動している。2014年に東京で開催予定の経営学会国際連合(IFSAM)の準備に奮闘。